banner

他人名義の車を廃車にするには

他人名義の車を廃車にするには

車の売却では、本人の所有ではなく他人名義の車でも手続きをすることが可能ですが、許可なく行うことはできませんので書類を準備する必要があります。

家族や親せきから車を譲り受けた際、特別な問題は発生しませんので名義変更をせずに乗り続けているケースは多いですが、金銭面でのトラブルが無くても廃車など売却を行う際には無断では行えないのです。

他人名義の車を廃車にする場合、所有者から廃車の承諾を得る必要があります。

実質的な所有者ではなくても、車検証上の名義が異なる場合には必ずこの手続きを踏む必要があります。

基本的には書類さえ準備できれば問題なく廃車にすることが可能ですが、印鑑登録証明と委任状、譲渡証明書が必要になります。

印鑑証明と譲渡証明書には所有者の実印が必要ですから、忘れずに準備する必要があります。

書類がそろっていれば手続きは廃車専門店が行ってくれますので、指定された書類を確実に準備することが大切なのです。

他人名義の中には、個人ではなく企業の名義になっているケースもあります。

ローンで購入した場合は完済後に名義変更を行うことになりますが、変更せずに乗り続けている場合にはクレジット会社か自動車販売業者の名義になっている場合があります。

この場合でも名義が異なるため勝手に廃車にすることはできませんので、必要書類を準備することになります。

クレジットで購入した場合には所有権留保という形で車検証に名義人が記載されますが、所有権解除の手続きを行う必要があります。

所有権解除には完済していることが条件となりますが、ローンが残っている場合には残債を一括返済することで解除が可能です。

一括返済せずに所有権解除は困難ですから、残債分の資金を用意する必要があるのです。

他人名義の車には亡くなってしまった場合もあります。親の車などが良くあるケースですが、死亡している場合には通常の手続きでは勧められませんので、この場合には相続をすることになります。

財産の一つとして相続し名義変更をした後でなければ廃車にはできませんので、相続手続きが基本となります。

相続には相続権を持つ者が複数いる場合がありますが、その場合には手続きが複雑になってしまうため、専門家に依頼して進めた方が良い場合があります。

相続ですからトラブルが発生しやすい内容になるため、家族や親類の中でも揉め事になる場合があるのです。

他人名義の車でも廃車にすることは可能ですが、ケースによって必要書類や手続きが異なるため、正しい知識を持つことが大切なのです。

Copyright(c) 2015 廃車買取に特化した専門買取業者を知れAll Rights Reserved.