banner

手数料について

廃車にかかる手数料について

車を廃車にするときには、自分で処分するという方法もありますが、できるのは書類関係どまりでどうしても解体業者などの処分場所へ車を持ち込んだり、業者に処分を依頼するための手数料は発生してしまいます。また、書類関係も業者に依頼すれば簡単に済ませることができますが、やはり費用が発生してしまいますので車を処分するというのも簡単なことではありません。

廃車に出すための手段はいくつかありますが、主な持ち込み先としてはディーラーや中古車販売業者、解体業者などになります。

こういったところに持ち込むと、通常解体処分費として大体2万円程度、書類手続きは1万円程度必要になることが多いです。書類手続きに関しては、自分で行うと運輸支局や軽自動車検査協会などの自治体までの運賃や数百円程度の手数料ですみますが、手間がかかりますし初めて行う人にとっては難解なことが多いため、一度のやり取りで上手くいかない可能性もあります。

また、重量税の還付手続きや自賠責保険の返金手続きも行う必要があるときには時間がかかってしまい、手続きが上手く進まないこともありますので、プロに依頼したほうがスムーズなことが多いです。

廃車の予定の車両があったら、一度買取業者にも相談してみることをお勧めします。

買取業者の中には、廃車手続きを無料で行ってくれるところもありますし、場合によっては不動車でも買取をしてくれるところなどもあります。近くの業者では対応してもらえないという場合には、廃車予定の車でも買取をしてくれそうな業者をオンラインで探してみたり、一括見積りサービスを利用してみると良いでしょう

。一括見積りサービスというのは、走行距離や年式、車種などの簡単な情報を入力するだけで、全国の登録業者の中で対応可能なところから買取金額の概算が届くというシステムです。

単に年数が経過していたり、走行距離がかなり進んでいるというだけで、普通に走ることができる車の場合には、このサービスを利用することで廃車の手数料を負担せずに、むしろ現金化できる可能性もあります。

また、動かない車でも部品を売却するなどで業者が利益を出し、その利益で廃車にかかる費用を相殺してくれるというところがありますので、無料で書類手続きや解体作業などを行ってくれるところもあります。これらの業者で対応してもらえそうなところがあれば、自分で費用の負担や煩雑な手続きを負う必要がなくなります。

Copyright(c) 2015 廃車買取に特化した専門買取業者を知れAll Rights Reserved.