banner

陸運局で行う

廃車の手続きは陸運局で行いましょう

乗らなくなった車を処分したり、一時的に使えなくしたりする事を廃車といいます。自動車は購入した時に陸運局へ届出を出します。そして、登録している自動車に対して自動車税が課せられます。もし、使用していない自動車があるのに登録を変更していなければ、余計に税金がかかる事になります。だから、使わない車は速やかに廃車をすると良いでしょう。

廃車の手続きは、各地方の陸運局で行います。廃車の種類には、「永久抹消登録」と「一時抹消登録」があります。

永久抹消登録は、車が壊れてしまって、解体するという時に行います。事前に用意するものは、印鑑証明書、車検証、ナンバープレート等です。また、当日に永久抹消登録申請書に記入します。自分で手続きを行うなら、費用は永久抹消登録申請書の用紙代100円だけで、他に費用は掛かりません。

一時抹消登録は、車を一時的に使用できなくする時に使います。用意するものは、印鑑証明書、車検証、ナンバープレート等です。また、盗難被害にあった時に届出を行う際には、ナンバーや車台番号の控えと、身分証明書が必要になります。他には、当日に一時抹消登録申請書の記入があります。費用は、一時抹消登録申請書の用紙代100円の他に、手数料350円が必要になります。

これらの手続きは、自分で行う事ができます。しかし、何らかの事情で、車の所有者以外の人が代理で行う事もあります。例えば、使用者が車の所有者の知人の場合であったり、廃車を車のディーラーに依頼する場合であったりです。その時は、必要書類に委任状が必要になります。委任状には車の所有者である委任者と、手続きを行う受任者の実印が必要です。もし、受任者が印鑑登録をしていなければ、申請が受理してもらえなくなるので注意が必要です。

手続きを行う前に気を付けなければならないのは、所有者が誰か、という事です。ローンで車を購入した場合は、車の所有者は購入した店やローンを組んだ会社のままになっている事もあります。事前に車検証の確認をして、所有者の確認をし、所有者の変更をしておきましょう。他にも、時期によっては前払いしている自賠責保険や任意保険が戻ってくる事を忘れてはいけません。自分から申請しなければならないので、早めに行いましょう。

使わない車にも税金が掛かります。廃車のための早めの準備が必要です。また、大切に乗ってきた車ですから、廃車にするまでの手順をしっかりと踏み、最後まで見届けましょう。

Copyright(c) 2015 廃車買取に特化した専門買取業者を知れAll Rights Reserved.